ECとは

ECはエレクトロニックコマース(ElectronicCommerce)の略称で「電子商取引」のことです。また別の略称ではeコマースとも呼ばれます。電子商取引とはインターネットなどのネットワーク上で、電子化された商品の契約や決済取引をおこなうことです。ECにはいくつかの分類があります。企業同士のやりとりは「BtoB」(BusinesstoBusiness)といい、企業間の物品売買や企業と金融機関の取引、企業が業務の一部を別の企業に委託するアウトソーシングなどがあります。企業と消費者のやりとりは「BtoC」(BusinesstoConsumer)といい、企業がwebサイトのオンラインショップで、消費者に製品やソフトウエアや画像、音楽などのデジタルコンテンツを販売することです。

消費者同士のやりとりは「CtoC」(ConsumertoConsumer)といい、webサイトのネットオークションが代表的な例です。取引が成立すると決済や商品発送など企業のやりとりも発生するので、BtoCも関連しているといえます。企業と従業員の間でのやりとりは「BtoE」(BusinesstoEmployee)といい、自社製品を特別価格で提供する自社販売や福利厚生の一環で旅行や保険のサービスをおこなうことです。企業と政府や自治体とのやりとりは「BtoG」(BusinesstoGovernment)といい、公共事業の発注に行われる電子入札、事務用品や資材の調達などがあります。

~PICKUP~
クラウドで大規模なECサイトを運用したい場合にぴったりのサービスです >> ECサイト運用

ECサイトとは

ECサイトは企業や個人が商品やサービスを提供する独自運営のwebサイトの通称で、オンラインショップやウェブストアなどとも呼ばれています。複数のwebサイトが一か所に集まって出店するのはオンラインモールやサイバーモールなどといわれる電子商店街です。ECサ・・・

サイト構築パッケージ

ECサイトを個人で構築するには時間と費用、トラブル時に対応できるプログラミング知識が必要になります。ECの基本性能を備えたパッケージソフトを利用することにより、短期間に導入できるうえにコストの削減も実現できるでしょう。ほかにも顧客情報を自社で管理すること・・・